社会問題を考える


by phtk7161
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

裁判員制度について・・・解決されないままの問題と世論のありかた

世の中人が関わるものにおいて、公的・私的という面で純度100パーセントのものは存在しない。組織であっても多かれ少なかれ公的・私的の両面をもつ。たとえば、財務省はまぎれもなく公的組織であるが、内輪でやる彼らの忘年会はまぎれもなく私的行為である。

逆にいえば民間の会社であっても、公的面をもつ。たとえば人種や性別を理由に取引を拒むことは、合理的理由がないかぎり私的存在を理由として・・・建前上は・・・やってはいけない。もっとも実際にはやっているところもあるだろう。しかしその拒否の理由は正面では別のもっともらしいものをあげているはずである(たとえば、経済的に信頼性が弱いなど)。そうでなく、もし正面から人種や性別を理由としてとりあげればかなりきびしい批判をあびることになる。

          ☆              ☆              ☆

今度の裁判員制度。どの裁判員も純度の高い公的役割を担わされることになる。そこではどんな理由があるにせよ、遊び感覚でやることは許されない。その真剣度において裁判官と裁判員との間には寸分の違いもない。たとえ自分が希望せず選ばれやることになったのだとしてもそうである。人を裁く役割とはそういうものだ。

仮に「もうめんどくさいから適当で」という意見を裁判所の控え室で発したなら、それは職務怠慢以外の何ものでもない。時に公務員の不祥事に対して批判が殺到するが、ここにも当然同質の批判が殺到しなければならない。公的職務が継続的か一時的かで、職務怠慢への批判が免ぜられる理由にはならない。

健全であるはずの一般人(世論)が、一般人という点で同じ仲間であるからと裁判員に対しては「そうだよプロじゃないもんな」などと、裁判員のいいかげんさを許容し批判に手心を加えるのであれば、所詮「世論」など健全じゃないといういうことである。それを厳しすぎると思うのなら、今からでも遅くはない。裁判員制度に対し「反対」の意思を示すことだ。

もっともあなたが「せっかくできた裁判員制度。いまさら反対しなくても」と思うのなら、裁判員に対しても厳しい目をむけ、自らが裁判員に選ばれたなら自分なりに出来る限り法(特に刑法・憲法)や裁判の役割を学び、裁判に臨まなけれならない。もしかしたらあなたの一言で、その人が死に(死刑)あるいは狭い空間での拘束期間が決まるかもしれないのだ。

「おれが刑務所に入るわけではないからと」適当に考えたその1年・2年の違いが被告人の人生を決定する。たとえ1日であっても、その人(被告人)にとってはその1日は長い。被害者(親族・遺族)の立場も逆の意味で同じである。だから裁判員であるその数日間は、様々な角度から悩み考え抜い末、その意思を討論で表明しなければならない。それが公的役割ということだ。

        ☆               ☆               ☆ 

それにしてもやはり今度の裁判員制度には、問題点が多すぎる。たとえば憲法は行為における自己の意思決定を保障(尊重)する。たとえば公的面での役割を担うとき、そこに何らかの形で個人の意思は介在する。公的職に関しての服従であれば、職の選択(たとえば警察官になった)の時点で個人の意思決定が反映されている。これは町内会長になるということでもそうで、たとえ周りから強制されているとしても・・・結局はしぶしぶという形であっても・・・OKの意思を示したということになる。

ところが、裁判員に選ばれるということに関してそこに個人の意思は存在しない。やりたい人がやる登録制でもなく、勝手に決められてしまう。そのうえ合理的理由もなしに断れば罰則をうける。国民の最も大事な権利である選挙でさえ棄権(もちろん罰則はない)は認められているにである。それとの比較でもかなりの?である。

一方で合理的理由での拒否が認められるのなら、裁判員の構成に一定の偏りが出来る懸念(職種の偏りなど)も否定できない。事実認定に法的解釈がからんだ場合の問題も解決しないままだ。裁判官が教えるとしても、そこで長く法的講義などするわけにはいかない。第一裁判は「実戦を通じて(数日で)法を学ぼうの」カルチャーセンターの講座ではない。それ以外にもまだ数々の問題が存在している。

当事者の国民不在のまま、数々の問題点の議論もなく決定された今度の裁判員制度。やるならやるで、国民参加の話し合いでもっと時間をかける必要があったと思う。ただただ「やるぞ」の既成事実だけが積み重ねられてきた気がする。結局それは歴史を作りたい人間による、自己満足(名誉欲)以外の何ものでもなかったといえるだろう。
[PR]
by phtk7161 | 2009-05-29 06:00