社会問題を考える


by phtk7161
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

中日新聞の「安倍内閣」特集に、クレーム電話をする連中について

正月早々こんな話題もなんだが、中日新聞に「苦情電話をかけてきた」くずたちについて話したいと思う。

識者に内閣に関する印象を聞いた特集に対する苦情だそうだが、安部内閣が「ウヨ内閣」で「戦争ポジティブ」内閣であることは事実。特集のどこがいけないのか。全然わからん。幹事長の石破も徴兵を肯定するしているわけだし、内閣だけにとどまらず、今の自民が「軍隊積極主義」「右翼まみれ」であろうことは否定しようもない。つまり中日新聞の特集は真実なわけだ。対応した新聞社の人が本来あやまる事柄では決してない。

今回の馬鹿のクレーム。「意見が偏向すぎる」。何寝ぼけたこといってだろう。ネトウヨクレーマーたちは。なら自民(の右翼系)機関誌産経新聞はどうなる。「打倒民主党」を民主党が政権獲得した当時から記者が宣言し、その後も閣僚の発言を意図的にむりやり失言化するありさま。その産経の偏向のクソさにくらべれば、中日新聞なんてまだまだ健全だ。真実をゆがめる度合いで言えば、圧倒的に産経新聞のほうがひどい。

クレームをつけてきたやつらなんて、そのほとんどは中日新聞(東京新聞)を実際に取っている読者ではない。あいもかわらず、ネット情報を回して、「クレームつけまくろうぜ」遊び繰り返している連中だろうと思う。まあつまりは暇人の連中わけで。かわいそうな連中だとは思う。

あの読売も、金で女性を性処理道具扱いしていた紳士たれ巨人軍のスキャンダルには頬かむりし、某渡辺の免許講習ずるパス問題もそれをもみ消そうと必死の体たらく。このどこが報道にふさわしい態様なのか。アメリカ大好き原発促進新聞社は偏向報道のそのものだろう。

いまや新聞メディアに中立性は期待できない。経済的理由も含め、自分たちの読者層に近い記事をのせてしまうことは仕方がない。だから私はくず産経の記事にも、渡辺の所有の読売の記事にも電話でクレームなんてつけようとは思わない。それで当たり前だからだ。そんなんで新聞社にいちいちクレームつける連中なんて、せいぜい暇人お宅のネトウヨ連中くらいのもんだろう。

JCASTニュースもこのつまらん記事をのせている。今ネットの報道の世界は、このレベルでしか動けない。JCASTがどこから「報酬」というなの「こずかい」をもらっているかしらないが、まあ自民応援団サイドであることは確か。今後もネットの世界この手の連中は、自民保守系から「こずかい」をもらったこの手の連中が虚業(本人たちは生業のつもりだろうが実際はそうだ)お遊びを続けることだろう。
[PR]
by phtk7161 | 2013-01-01 20:38