社会問題を考える


by phtk7161
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ネット選挙解禁・・・政治退化の始まり

ネット選挙運動解禁。ああ笑える。

こと政治的分野に限っては、ネットの有用性はゼロどころかマイナスである。さほど実社会の経験のないあるいはまったくない人間が、自分の感情だけでストレス発散まがいの動きを繰り広げる。匿名性をいいことに差別用語を連呼するいびつな人間の集まりなわけである。実生活で相手にされない、あるいは話を聞いてもらえない、緻密に考えることを拒否した人間が救いを求めて単純化した国粋思想をふりまわす。それはストーカー的行為であり、便所の落書きそのものである。当然そうした人間がやる政治活動など、何の意味もない。

「政治に関してネットは有能か」と問われれば、否である。上記の種類の人間が、暇に任せて参入しすぎているからである。それは有能どころか「害悪」そのもの。そこに未来はない。

もちろんネットが有効に機能する分野も存在している。むしろそちらのほうが多いであろう。しかしこと政治(選挙も含め)に関してはネットはないほうがましである。政治に関してネットは未来に通じてはいない。後退どころかその実質は、実態的社会とは別の空間でのお遊びにすぎないのである。そこに政治家が未来を見るなら、そういった政治家は流行の幻惑に踊らされるピエロにすぎないのである。
[PR]
by phtk7161 | 2013-03-26 00:40