社会問題を考える


by phtk7161
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日本の中国・北朝鮮化をめざす麻生安倍政権と、それを支える連中について

麻生・安部政権の正体。

それはまさに日本の政治の中国・北朝鮮化。

まずは国家権力ありきで、人権はその下。したがって法で人権制限しほうだい。

「小学生以下の子供がいる女性は居酒屋来店禁止。やぶれば罰則を課す」こういう法案ですら合憲とできるような憲法をめざす。高市早苗あたりが考えている憲法観はこういうレベル。

個人として尊重される人同士の権利が対立したとき、それを綿密に検討比較しながら調整して制限できる範囲を決定する。国家が制限するのではなく、私人的な公共的観点(社会性)から制限できる範囲を決定する。それが今の憲法。

在特会が公道で「○○人を殺せ」と叫んでも逮捕されないのは、それも今の憲法(一応表現の自由)に守られているから。もちろん社会常識的にいえば論外の行動(クズそのもの)だが、今の憲法はまずは広く自由を認めてくれる。そこから相互の人権を調整して制限しようとするのが今の憲法。あくまでそういう行動は「世論で戒める」のが今の憲法のスタイルである。

麻生・安部(高市)はそうではなく、まずは国家が最初に人権を認める範囲を決定する。国家の悪口はいわせない社会。その正体はまさに日本の「中国・北朝鮮化」そのもの。麻生安部政権の憲法なら在特会なんて「治安維持法」的法の合法化で簡単につぶせる。

ネットの支持者はあれほど北朝鮮や中国を批判していながら、それと同じ体質をもつ(麻生安倍政権)方向へと日本を進めようとする。まことにおめでたい連中だ。

今の政権をネットで支持する連中は、ストーカー的気質がある。

緻密に考えることをめんどくさがる。10+1=11を、見た目だけでとらえて10+1=101と考え、「それは違うよ」というと解答の論理が間違っている考える思考のレベル。昔ガリレオをたたいた連中とおんなじだ。

麻生安倍政権の悪口を言おうものなら、あほみたいにネットに書き込むまくる(あるいは抗議電話)。韓・中の国粋連中と同じことをやって自分の存在事由を確認するしかない哀れな連中。

まあ彼女(彼)もいないだろうな。いたらこんな作業に粘着するわけがない。早く彼・彼女でも作ればいいのに。

もっとも経済的対価のためにこうした行動をとるしかない人間もいる。麻生・安部政権を批判するものをネットでたたきいくばくかのアルバイト収入を得る。

以前も述べたがJCASTニュースも結局はそうした連中の延長線上のたぐい。メディアでもなんでもない。権力監視機能であるメディアの「表現の自由」をつぶすためのメディアが彼ら。産経・読売・新潮・文春(文春は時によりけりだが)もはや政府広報誌。

面白いなと思うのは、議員の多くが道徳化を叫んでいながら、「不倫」の禁止は決して叫ばない。
どうせ国家ありきによる憲法を作りたいなら、不倫した政治家の失職規定の法律でも作ればいいのに。貴重な税でできている歳費を愛人に使われてはかなわない。でもまあ無理だろうな。それやったら与野党問わずかなりの議員の首が飛ぶ。

日本を中国・北朝鮮化して何が面白いのか。それが麻生安倍政権をささえる連中の不思議さである。
[PR]
by phtk7161 | 2013-04-25 10:43