社会問題を考える


by phtk7161
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

君が代伴奏拒否についての戒告処分取り消し訴訟の判決がでた。
         
多数意見ののべるところは、君が代の伴奏は「内心の自由」自体を侵害するものではない。伴奏を命ずることは「踏み絵」的ものではない。君が代の伴奏は、原告の信条に密接に付随するものではなく、それをしないことによる学校の行事への弊害と比較すると、伴奏拒否は正当と認められない。端的にいえば、こんなところか。

         ☆    ☆    ☆

判決の多数意見については、大雑把であるとの印象をもたざるえない。
多数意見は、信条を単に表面的に定義しただけにすぎず、さらにその実質的中身まで踏み込んでの考察ができていない。多数意見の裁判官は「信条」の実質について、そもそも空間的理解ができていないのではないか。

君が代に関する歴史的経緯を考えるとき、戦争に利用され、しかしその責任はある天皇を、礼賛するような歌詞(なお私は曲の韻的な面は問題となるとは思ってない)を持つ君が代に対し、否定的((肯定でもそうだが)な思いを強く持つ人にとって、その曲の伴奏を拒否(肯定)する信条は宗教と同じくまさに人格の尊厳そのものに関わってくる問題である。この場合内心と外部行為とはかなり密接的に付随するものであるといっていい。

「公共の福祉」の検討についても、どうも個人対組織(多数)あるいは公務員的側面を平面的に比較し、利益衡量としてもかなり雑である。特に子供の教育にとってマイナスとするくだりは、論外である。いまや子供の教育問題に、君が代拒否などなんの関係もない。君が代を伴奏しない先生がいるからといって、伴奏の代替が可能な限り、子供の教育に何らの影響もない。これは今の子供を見る限り断言できる。
すでにこのブログで何度か述べたが、子供の教育上君悪影響を与えるもの(しかも高いレベルで)は、学校外のほうに五万とある。多数意見はもっともらしい理由を述べたつもりかもしれないが、むしろとって付けた理由であることがかえってみてとれ、それが今回の判決の底の浅さをあらわしている。

拒否の根底にある平和への信条から君が代の伴奏をやりたくないものに、行政の力を持って伴奏を強制することは、間違いなく「踏み絵」といえる行為である。人格の尊厳を、単に学校の管理維持などとの単純比較で押し切っていいものか。もう少し、利益の比較は実態に即して綿密にやることが必要であろう。今回はあらかじめ拒否を伝えている場合なのだから、テープ(今回はこれを実際にやった)や他の人間によるや君が代伴奏・・・通達がこれを音楽の教師に限るとしていることも問題・・・の代替手段も可能であり、前者による方法が多少違和感を覚えるとしても、そのことが学校行事に著しい弊害をあたえるとはいえないであろう。

こんな内容の判決では、今の最高裁に今回の問題のその先にある本当の危険・・・公的力(罰則規定等)による特定の思想の強制・・・への考察などのぞむべくもない。いやむしろ日本会議に元最高裁長官が参加してる現実からすれば、今回の多数意見は確信犯というべきか。それでもいくらか救いはあった。行政法の学者出身の藤田裁判官の少数意見である。多数意見よりはるかに妥当であると思う。政教分離をめぐる自衛隊合祀のときの少数意見を述べた伊東裁判官とその本質において、同じ人権感覚の鋭敏さを感じる。

        ☆    ☆    ☆

君が代に対する、肯定、否定、どちらの信条をとるにしても、今回の判決の結果は他人事ではない。一定の考えを外部的行為(しかも不作為の形での)にあらわすことを禁止される危険があることにはかわりないのである。一方的価値しか認めない社会こそ、それがすなわち北朝鮮という国の姿であることを肝に銘ずるべきだと思う。

敗訴となった今回の訴訟ではあるけれども、今回の処分がもし解雇レベルの処分であれば、処分の裁量の範囲を超えてるとして、処分を違憲とした可能性は十分にある。そういう意味では、今回の判例の射程範囲は、処分の中身によっていまだかなり限定されたものと捉えるべきだろう。したがって、もし今回より重い処分が出されたときは、勝訴する余地は十分ある。
もちろん多数意見には「本当に大丈夫か最高裁!」といいたい。この判決に関して最高裁は、純理的判断による少数者の人権のとりでとはとてもいえない。むしろ最高裁が行政権の強力な補助機関にすらみえてくる。司法までも今の政治と同じく、その先の危険に鈍感では困る。
[PR]
by phtk7161 | 2007-02-28 02:06
閣僚の発言がこのところよく問題になっている。
ことに取り上げられているのが、柳沢氏と久間氏の発言である。

        ☆   ☆   ☆

柳沢氏は「産む機械」や「労働時間だけが売り物」と発言し
一方久間氏は、「イラク開戦は間違いだった」「アメリカは
基地問題で、あまりえらそうに言ってくれるな」と発言した。

この両者の発言は、その本質において決定的な違いがある。

柳沢発言が、結局のところある特定層の人格の尊厳を軽視する
(傷つける)ものなのに対し、久間発言は政策に関してアメリカの
姿勢を批判したものである。

柳沢氏の発言が、真意はともかく、言葉の表現が救いようのない間違った
ものであることには異論がないであろう。
これに対し久間氏の発言は表現に間違いはない(というよりむしろ正しい)。
ただ久間氏の場合、発言により外交関係に支障をきたすため
端的にいえばアメリカ様のご機嫌をそこねるため、あるいは閣内不一致
だとして問題となっているのである。

          ☆   ☆   ☆

結論をいってしまえば、柳沢氏の場合辞任して当たり前である。
謝ってすむレベルの発言ではない。
ことばは、人格的質に関わるものであり、国の行政責任を負う者の
発言の、社会に与える影響の大きさからしてもしかたがない。
首相に続く行政の一部門の最高責任者の地位とは、そういうものである。
これは首相が許容してすむ問題ではない。

最低限超えてはならない表現というものがあり、「人=機械」「ブルカラー=
ホワイトカラーより下」ということを容易に推測できる発言は、政策うんぬん
以前の問題である。
公的に許容されない表現を、ちゃんと表現手段として使わないでいられる
能力は内閣の構成者の最低条件といっていい。
というより、社会通念からも、あって当然の人格レベルの話である。
それが成り立たなくなったら、その先にあるものは、何でもありの知性のない
幼稚な社会である。

この件では、国会が混乱した。
野党の欠席戦術を非難する声もあるが、やめて当たり前のところを
内閣の弱体化につながるからと、居座りを決め込む(居座りさせ続ける)
から話がややっこっしくなってきたのである。

もし野党が何事もなく審議に応じ、審議の場で批判しても
与党には痛くも痒くもない。
それは結局、国民にも今回の発言は政治的にはさほどたいした
問題ではないのだという、あやまったメッセージを送ることにもなる。
居座りを是正しない与党政府に対して、野党がその是正の手段として
審議拒否をとったことは、やむをえない選択肢だったと思う。
そういう意味で、今回国会を混乱させた責任は、間違いなく政府与党側
にある。
  
        ☆   ☆   ☆

これに対し久間発言の場合はどうか。
今の内閣が、久間氏の発言を内閣の外交政策に支障をきたすものとして
容認できないなら、彼を罷免すればいいだけである。

私は久間氏の発言内容は正しいと思っているが、だからといって安倍
首相が彼を更迭しても、そのこと自体は非難はしない(当たり前だと思う)。
政策の責任を最終的に負うのは、まさしく首相だからである。
発言に間違いがなくても、内閣の主たる政策により、詰め腹をきらされて
もやむをえない。

しかし、安倍首相は久間氏を更迭しなかった。
なら安倍内閣は、彼の発言による外交問題は甘受するということであろう。
したがって、久間氏の発言は閣内不一致といえるが、彼が大臣を続けても
そのこと自体は、とりたてて非難することでもない。

閣内一致は、最終的には手続き的にそうなればいいだけの話である。
これは、憲法上もそうである。
もちろん、閣内不一致が外形的に頻発するなら、政策の不安定は生じえる。
しかしそういう内閣の評価は、世論や最終的には選挙での与党への評価に
ゆだねればいいだけの話である。
だから、それまでのディテールに考えの違いが合っても、その後の本人の
対応などをみて、首相が大臣を続けることを許容するならそう問題はない。

          ☆   ☆   ☆

柳沢氏が大臣を続けることと、久間氏が大臣を続けることには
決定的な違いがある。
前者は、内閣の政策スタンスの違いによって許容される
レベルの問題ではない。
どのような内閣であっても、この発言は支持されない。
しかし後者は、政策スタンスの違いによっては、許容される
レベルの問題である。
政策論の違う内閣によっては、彼の発言を支持する内閣はありうる。

一議員より、少なくとも形式上は政策に強い決定権を持つ閣僚として
たとえ建前であっても、当然持たなくてはならない共通の哲学・・・
持つべき最低限の気品・・・というものがある。
どのような政党の内閣であっても、それは守らなくてはならない。
公的な場所でそれが守れるかどうかは、結局はその内閣の質的側面を
決定しているといってもいいであろう。。
間接的であっても、それが政策の質にも影響をあたえていく。

それに反した行為が、柳沢氏の発言である。
このことが、やめて当然の大臣とそうでない大臣の違いといえよう。
柳沢氏を擁護する人は、どうもその点がわかっていないように思う。
[PR]
by phtk7161 | 2007-02-20 01:45
 大相撲の八百長問題が、このところさかんに取り上げられている。
ご存知の人も多い思うけれど、大相撲の八百長疑惑は今に始まったことではない。昔から、週刊ポストなどが特集を組んでよくやっていた。

 私は今回の件も含めて、大相撲の八百長は正直騒ぐような問題だとは思っていない。もちろん、この意見には反論もされる方も多いだろう。いつも常に全力で。はじめから負ける気は絶対許すべきではない。これももちろん健全な感覚だと思う。
 
 ただ、私はもともと大相撲の魅力は、幕下と十両との違いにあると思っている。あるお相撲さんが十両に上がれば、いきなり平均的サラリーマンよりかなり高い月収がもらえる。付き人もつく。初めて関取と呼んでもらえる。

 しかし幕下以下にいる限りは、あるいは幕下以下に落ちれば、給料はもらえない。場所ごとのいくばくかの手当てがでるだけ。それ以外で手にできる金額も、バイト代以下。もちろん付き人もつかない。これはたとえ過去に大関であったとしても同じで彼らでも幕下に落ちれば、同じ立場になる。

 そういう中で、幕内、時には三役(小結~大関までをこう呼ぶ)にまでなりながら、幕下(あるいはそれ以下)に落ち、そこからまた関取の立場まで這い上がってくる力士もいる。そういうところが、私にとって大相撲の魅力的なところである。だから、幕下上位と十両下位の力士の相撲は、彼らの人生の岐路を見ているようである意味尊い。まさにガチンコとはこのことを言うのだと思う。

 それと比して考えると、今度の問題はあってなんら不思議ではない。
メディアでもいわれているが、八百長を組むのが怪我に対する保険的ためであることにも十分うなずける。負けるほうも、自分の人生上の経済的利益と星との兼ね合いを考えてそれを受ける。しかし、自分が幕下に落ちる危険をおかしてまでそれはやらない。
やるのは、これが彼らなりの相撲界で生き残るためのひとつの手段だからである。

 年六場所、肉体を休める期間もさほど多くない。
ガチンコ力士の激突はまじにすごい。通常人なら確実に肉体的に持たないところを、みごとに耐える。それでもガチンコのみでは、関取まで勝ちあがってきた上位のレベルのなかでは、肉体は確実に磨耗してしまう。結果、相撲とはすぐにおさらばになってしまうことも十分ありえよう。そしてこれは、肉体的な鍛え方が足りないという次元の問題ではない。

 そういう意味で、肉体を継続的(年に取り組みを何回もやる)に磨耗するプロスポーツの世界、特に大相撲の上位の取り組みの世界では、星の貸し借りのできる土壌は十分にある。そのことをいいとまではいわないが、一刀両断にけしからんとばかりもいえないであろう。そこが分からない人は、この種のプロスポーツを見るにはしんどいような気がする。

 プロレスは、そういうとことを考慮しているから、年に何試合もできる。
本当に究極的肉体を持つもの同士の戦いは、、一定の数以上できるわけがない。
プロボクシングの世界チャンピオンのタイトル試合は、ガチンコだからこそ(もちろん八百長問題はたまにはでるが、でもかなり少ない)年4回ぐらいが普通なのである。

 私は幕内力士の相撲は、あまり興味がない。
あの位置までくれば、あとは、それぞれの力士の人生設計の形である、ガチンコとやらせの混じった日本の国技ショーを見せてもらってるつもりである。それはある意味で歌舞伎や能の舞台と同じである(というと、歌舞伎や能のファンにはおこられるだろうけれど)。まあ、今回の場合あまりにやらせの相撲頻度が多くなりすぎたということもあるだろう。その点が、まずいといえばまずかったかなとは思う。物事には限度があるから。

 でも今回の問題に対し、「日本相撲協会は財団法人で公的ものだから、やらせはゆるせん」という理屈だけは、笑いたくなる。いかにも底の浅いコメントである。物事の表面しかみないコメンテーターらしいといえばらしいが。それでもやっぱり公的電波を使った民放のやらせニュースショーの存在、それに時に加担するコメンテーターがよくいうよとはつい思ってしまう。

 この世で一番やっていけないやらせは、人の生命に関わる事柄についてのやらせである。戦争に導くようなやらせ(イラク戦争時のメディアや政府機関)や健康に関わるやらせである。それにくらべれば、今回の大相撲の問題などどうってことない。

 やらせの相撲が見たくない、ガチンコの相撲がみたいというなら、幕下上位、十両下位の相撲をみればよろしい。そして、幕の内上位の相撲は、半分興行的ものとしてみる余裕もある意味必要だと思う。そうやって、大相撲も国技として長年続いてきたのである。それではだめだというのなら、怪我の保障を充実させたうえで、大相撲は年2場所程度にするしかない(もちろんこれでは、興行的にはきびしくなるだろうが)。そうでないと、力士の肉体はとても持たないと思う。

 長年続いてきた物事には、それなりの背景がある。
それを知ったうでの意見でないと、なかなか問題の本質は見えてこない。
それをおさえない形で八百長問題を提起してたところで、それは野暮というものである。
[PR]
by phtk7161 | 2007-02-10 06:19
 また、いじめにからむ中学生の自殺がおきた。 最近とみにこの種の事件が頻発している。今回は、私なりにこの問題につき思うことを述べてみたい。

 この問題の要因はいろいろな要素が複雑にからんでいて、一義的に捉えることは難しい。しかし、間違いなく要因として挙げられることは、いくつかある。

 メディアや政府の教育再生に関わる人間は、まずこの問題の要因として、第一に学校の指導力を挙げているが、それは一番大きな要因ではない。それより考えるべきことは、学校から指導力を奪い取っている(発揮させにくくしている)ものは何なのかということである。 

 私は、第一に生徒の親(家庭環境)のありかたがもっとも問題の大きな原因だと考える。この理由は、このあと詳しく述べたい。
 第二に、文部省(それでも、政府の再生会議なるものより、数段ましだが)のことなかれ体質。
 第三に、日教組の弱体化(ただ、日教祖には一面では今の教育荒廃を招いた責任もある)。これは、教師の組織の弱体化により、教師同士の意思疎通が希薄になり、問題に対し連帯して対処していくことを困難にした(一教師でことの処理をすることはかなりたいへんである)。

 第4四に、教育荒廃の問題を本質で捉えず、原因を単純な構図に仕立て上げる無責任なメディアの存在がある。メディア(特にテレビ)にはまたこのことだけでなく、メディア自身が学校荒廃を助長するような一因を作っている番組を流している、自身の加害者的側面もある。これもまた大きな原因である。

 第五に、対子供に対する社会の空気である。企業がまともに子供相手に大人レベルの商品を売り、あるいは挙句に子供相手に援助交際などという売春行為に加担する馬鹿な大人がいることである。これでは、子供が大人をなめても仕方がなかろう。こういうこともやはり今の教育荒廃の一因をつくっている。

 第六に、いじめの被害者サイドについても、彼らの側にその対象となる何かの共通した要因があるのではないか、その検証が重要なのにそれがあまりなされてないということである(これは、いじめられている側に、帰責性があるということではないのはもちろんである。ただ予防の一手段としてである)。

 第七に、今の子供が作り出しているエリア(子供の世界のルールおよびその世界での子供の考え方は、大人の社会と明らかに別の点がある・・・このことがなかなか子供が親に本音をいえない理由でもある)を等身大で把握することの困難さもある。

 さて、親のありかたが上記に記した中で今一番の原因だと記したが、それは次の理由からである。

 親が「親」になりたがらず「友達(同僚)みたいな親子」あるいは「学生生活のころの若気の至りのまま的感覚の親」になりたがるからである(もちろんこういう親ばかりではないが、明らかにこの種の親は増えている)。いつまでも若いという意識を持ちたいといういうことだろうか。しかし、ここに落とし穴がある。

 たとえば娘との買い物で「友達のように楽しく」することは、もちろん何も問題はない。問題はいつでもそれだけではいけないということである。ここが分かっていない親が多い気がする。
 これができない親は、「公共」的な場所に関する「他人との関わり」の基本的な指針(家庭哲学)を、子供に教えるという役割果たせていない。
 親が子供に対し、こういう面でも前述したような友達の機嫌をうかがう感覚で対応するなら、学校の指導が効果をあげることはなかなか困難といえよう。

 公共の場での最低限の振舞いのルールの指導は、間違いなく家庭にある。これは断言できる。それができず、明らかに正当な理由もなくに他の生徒の人権を侵害してる生徒について、その生徒の親が学校からそのことを指摘されて、反論したり無視したりするようなら、まともに学校運営などできるわけがない。

 もちろん、家庭によりさまざまな事情がある場合はあろう。
しかし、それでも親はある面では絶対「親」でなくてはいけない。
どういう面でも、友達感覚(もちろん他人的感覚は論外)のみで対応するなら、それは親の役割の放棄であろう。

 これは、今度のようないじめの問題を考えるとき重要な点である。これを軽視するような親の子供は、確実に大人をなめる。その結果当然教師もなめることになる。その場合の教師の指導など無力である。その意味で、義家氏が今回のいじめ問題で学校の責任を厳しく述べていたようだが、それは妥当ではない。

 とにかく重要なのは、今のいじめに関する自殺の問題は、学校の指導力云々ではなく、学校の指導力の欠如の帰責性を問う前に、その前提状況がそなわらない様々な要因があるということにそろそろ気づくべきだということである。そしてその一番の大きな原因が、親の役になりたがらない親(友達のような親、子供を同僚にする親)の存在だということである。
 「そろそろ、親になりましょう。みなさん。いつでも友達のような親子、これだけではしようがないですよ。」 この認識が重要だと思う。

 
[PR]
by phtk7161 | 2007-02-04 23:42