社会問題を考える


by phtk7161
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いろいろな問題が噴出している今の政治状況、当然のように政治家に対する見方は厳しい。議員(になる)のための議員も多い。しかし一方で、議員にふさわしい職責を果たしている議員もなお存在する。

たとえば保坂展人議員。彼などそうだと思う。ことわっておくが、私は別に社民党を支持してはいない。政権党の魅力に取り込まれたが最後、そのうまみに負け埋没していった政党などさして興味はない。だから保坂議員を評価するのは、あくまで彼の個人的資質においてである。

政治家には、いろいろなタイプが存在する。熱血活動型、調整型、迅速な特定問題解決のための専門知識・実務型。そして、こういうタイプがうまくからみあうことが、バランスのとれた政治には必要となる。ひとつのタイプによる型の政治家による政治だけでは、いびつな政治になるだけである。ただいずれの型の政治家でも、その根底にはある共通した能力が不可欠であると思う。それは、(巨大な)権力と対峙する能力である。

もともと議会(国会)というものの役割は、政府(行政)の行動をチェックしその暴走を防ぐことにある。したがって議会の構成している政治家は、政府・・・みかたによっては国家機関ともいえるであろう・・・と対峙することが時に求められる。どういう型の政治家であれ、民主的でよりよい政策を実現するために、時には政府(機関)と真っ向から対峙する度胸と能力(情報収集・専門能力)が、その根底になくてはならない。それがなくては、本来議員の職など到底勤まらないといっていい。

ソフトな性格であれハードな性格であれ、どういうタイプの政治家であっても、問題が生じた時には国家(権力)と対峙する偏屈このうえない政治家であることが必要なのである。そして保坂議員は間違いなくこの資質を備えているといえる。

時の趨(すう)勢に関係なく・・・たとえばそれと戦うのが自分ひとり(あるいは少数)であっても・・・体をはって(比喩的意味で)政府と対峙していくことができる政治家。もし国家と対峙することのできる政治家が一人もいなくなれば、行き着く先はあとは窮屈な差別化された社会が(たとえば昨今のロシアのような)まっているだけである。

昔も今も、こういう政府と対峙できる度胸と能力をそなえた政治家そう多くない。まして今のように政治が大きく変動する時期にあって、この手の政治家・・・ある意味偏屈な政治家・・・の存在はより必要である。政治が大きく変動する時期では、底の浅い他の多くの政治家は自分の地位の安定に精一杯で、有利な流れに乗ることに能力のほとんどを使ってしまう。到底権力と対峙することなど望めない。だから、偏屈な政治家は絶対必要なのだ。

参議院で野党が大勝する以前の与党が絶対多数(衆院3分の2)を占めるなかで、共謀罪は成立しなかった。この問題で、保坂議員の果たした役割は重要だったといえる。もちろんこの法案を防いだのは彼一人の力ではない。また彼一人できるはずもない。法案の成立阻止に力を合せて協力した他の党の議員や在野の人(メディア・市民)の力の集積の結果である。そういう意味では、ここで彼を取り上げたのはあげたのは・・・権力と対峙するという意味での・・・象徴的意味合いにすぎない。

ただもし保坂氏が議員でなかったならば、この問題での彼の活動能力は殆ど効力をもたなかったはずだ。その場合、流れによっては共謀罪は成立していたかもしれない。そう思うとぞっとする。

また近年その力を増幅している防衛省と自衛隊、その諜報的活動が少し前問題になった。そのなかでは、彼らが諜報の対象としている・・・彼らにとって都合の悪い・・・政治家・メディア・市民の存在も明るみに出た。その対象に保坂議員もはいっていた。

これは裏返して言えば、それだけの権力と対峙する活動を彼がこれまでやってきたということだ。それは前述した資質を彼が備えていることの証でもある。そういう議員だからこそシビリアンコントロールの観点(これこそ議会本来の役割である)から、問題が起きたときに防衛省や自衛隊とも対峙できる、実質的な活動を期待できるのである。

前回衆院選では、自民党の比例名簿登載数の関係で(自民党は比例全員の当選が決まっていたため、社民党に当選がころがりこんだ)漁夫の利的に当選した保坂議員。次回の衆議院選の戦いも相当厳しいものといわざる得ない。彼が落選すれば、喜ぶ権力機関は多いはずだ。どういう形でもいいから次回選挙でも何とか議員の身分も確保して、権力機関にとっての偏屈な議員として今後も活躍して欲しいと願っている。
[PR]
by phtk7161 | 2008-05-28 12:10
私事になるが、初めて自分のブログで書いた記事を削除した。原因は、私の勘違い。裁判官のストーカー事件での出来事について、新聞記事で知った事実を自分で勝って読みし、結果その後のネットのニュース記事でそれが明らかな勘違いである分かったためだ。ブログに記事をかいて載せて30分ほどで削除したから、読まれた方はそう多くないと思うが、数字的にみれば何人かが読まれたかもしれない。読まれた方には、自分の早とちりをお詫びしたいと思う。どうもすいませんでした。

今回の件をもう少し詳細に話せば、こうだ。書くきっかとなった今回の新聞記事に、この事件が発覚したのは、そもそも捕まった裁判官自らが警察庁の警察幹部に相談したことがきっかけと書いてあった。この警察幹部が山梨県警に連絡し、その結果彼が逮捕された。このことを私は、彼が自らの行為を悩んでそれをやめたいがために、自らが逮捕されるように警察幹部に相談したのだと捉えてしまった(浅はかにもこう、推理してしまった)。

しかし実際はその後の記事で、彼は今回の事件の被害者である女性を手助けすることで、どうも彼女の気を引こうとしたようだ。警察幹部への相談は、どうもその手助けとしての演出だったらしい。一方で加害者メールを送りながら、他方で彼女を助けるナイトとしてふるまうことで彼女の気をひこうとした。ようは、恋愛感情がからんでの、よく昔からドラマなどでみかける自作自演の安っぽい恋愛作戦だったということである。最初警察幹部に相談したと書いてあった記事には、このことが書かれていなかった。さらにその記事には、裁判官の心の問題も同時に取り上げられていた。そのため、先のような浅はか推理をしたわけだ。

裁判官の仕事は精神的重圧が大きい(これは、実際そうだ)。そのため私は彼が心の悩みを抱え、その解決策として幹部に相談したのだろうと勘違いしてしまった。参考的に記事に載っている・・・あくまで記事を見る限りであるが・・・彼がこれまで出している判決はわりにバランスがとれている。そういう判決をだす裁判官だから、できれば事実はそうであったほしいとの気持ちが、潜在的に最初に記事を読んだとき私のほうにもあったのかもしれない。しかし事実はお粗末なものだ。もちろん私の勝手な読みもである。

あらためて思うことは、やはり記事は鵜呑みにしてはいけないということである。また自らの希望的観測もいれてはいけないということだ。新聞記事には、字数にも限界がある。事実の全てが等身大に書かれているわけではない。分かっているつもりだが、今回私はこの失敗を犯してしまった。

事実を争う裁判では、そのための資料が膨大になる(もちろん事件の性質によるが)。それでも、本当の事実かが何かは分からない(こともある)。だから今回の安っぽい恋愛作戦が真実か、それはなお分からない。しかし少なくとも私の浅はかな推理よりは、まず確かなことであろう。この裁判官は、恋愛感情はなかったといっているようだが、これもどうもこれまでの事実からすると、ストーカー規制法の要件に該当しないことを意味して(目的として)の供述のように思う。「あ~あ」である。

そういうわけで、早とちりして書いてしまい削除することとなった今回のお粗末なブログ記事。まあ、これにめげずに、またそろ~りそろ~り書いていこうと思う。よかったら、これからも拙ブログにおつきあいください。
[PR]
by phtk7161 | 2008-05-24 17:32
アメリカの民主党の大統領選挙予備選挙も大詰めを迎えている。オバマで決まったといっていいだろう。もともとレース前は、ヒラリー議員が最有力だった予備選挙。彼女は共和党の候補に勝てることも、当然のように有力視されていた。

しかしこうした予想は伏兵オバマによってくつがえされた。もっとも共和党でも予備選ではジュリアーニ前ニューヨーク市長が有力候補だったから、今回の民主党の結果もありうることだ。しかし個人的にいえば、今回の結果はあまり歓迎できることではない。

ブッシュ共和党の時代は8年続いた。この期間がどういう馬鹿げた時期となったかは、ここでは一々書かない。9・11があったにせよ、ブッシュの時代は歴史に残る愚かな時代だったといいきれる。それはアメリカ始まって以来の知性(良識)の衰退期・・・もちろん相対的にだが・・・ともいえるだろう。

そういうなかこれ以上共和党政権がつづくことは、世界ににとってプラスになることではない。マケインは老齢で成熟した候補であるが、しかしやはり元軍人。アメリカの軍事力の動向が世界の平和を左右することに強い影響力を持つ以上、暴力馬鹿だったブッシュ時代と同様の・・・軍需産業とのつながりを含め・・・懸念は残る。それを防ぐためには、やはりなんとしても今回は民主党の候補に勝ってもらうしかない。

           ☆            ☆            ☆

そこでオバマである。彼でマケインに勝てるか。結論としてはNOである(3月4日のブログでも書いたとおり)。おそらくこうなるだろう。初の黒人大統領それをアングロサクソンをはじめとする、白人層がすんなりうけいれない。もちろん表立っては人種論争はおきないだろう。真っ向からそれをやることは、今のアメリカ社会にあってはタブーだからである。しかし潜在的には確実にこの構図になるはずだ。

黒人政権の誕生はまだ時期尚早という意見は、保守的黒人層・・・もともと共和党の支持者が多いが民主党の支持者も存在している・・・からもでてくる。彼らは白人社会との対立を望まない。本選が進む中で、経済的にも安定している黒人保守層は黒人政権についての白人社会の不安の空気を・・・マイナス感情・・・日に日に感じるようになるだろう。

選挙で人種が問題になること、それ自体そもそもばかげたことだ。黒人大統領が誕生することもあって当然のことだし、肌の色など大統領になることと関係ない。「だれでも大統領になれる。」それはまた不変の真理でもある。

しかし人間とは愚かなもので、その不変の真理であるはずのことがすんなり通らない。残念なことだが、過去そして現在に至るまで長い人種差別の歴史をもつアメリカ社会が、今回の選挙で初の黒人大統領誕生という結論をすんなりと受け入れるとは・・・ことに白人社会が・・・私には到底思えないのだ。本選は白人層と黒人保守層の支持を受けて、おそらくマケインが勝つことになるだろう。

           ☆            ☆            ☆    

今回の大統領予備選挙確実に民主党の候補が本選で勝つために、こうなってほしいとの形が私にはあった。それはヒラリーが大統領・オバマが副大統領の候補になる形だ。これがベストな形であったと思う。

ヒラリーが大統領になることで、まずアメリカは初の女性大統領を誕生させることになる。それはアメリカにとって第一のハードルをこえる、新たなできごとといえる。ヒラリーは今回当初から有力な大統領候補だった。予想された初の女性大統領誕生と予想外の初の黒人大統領誕生、それに対する抵抗感は後者に比べ前者はずっと少ない。

人はある出来事が以前から容易に予想できることであれば、それをあわてずに受け入れる気持ちをもてる。接戦にはなったかもしれないが、ヒラリーであれば世論調査がどういうおうと彼女は間違いなく勝てた。女性大統領の誕生を容認するアメリカ社会の新しい風、その構図をアメリカ国民の多くは受けいれたはずである。

そうなれば残るは、初の黒人大統領という次のステップだけだ。初の女性大統領と黒人副大統領の政権の誕生となれば、それは近い将来黒人大統領が誕生することへの心構えをアメリカ国民にもたせる出来事ともいえる。この段階を踏んだうえで黒人大統領が誕生することが、初の黒人大統領誕生への抵抗感をなくすもっともベストの形だったと思う。

そしてこのことは・・・副大統領の段階を踏む構図がベストであること・・・当然オバマも分かっているはずと私は思っていた。彼が本当に政治感覚に優れた人物なら、予備選のある一定の段階で今回はヒラリーに候補の座を譲り、自らは副大統領となって4年あるいは8年後の大統領選の有力候補として備えるだろう。そう思っていたのである。

しかし彼はそうしなかった。副大統領の段階をふもうとはしなかった。予備選優勢の風にその気になり、一気に頂点を目指しはじめた。彼には彼なりの計算があるのかもしれない。ここで本線の候補になれば今回負けても、これが次の大統領選へのステップにつながると。

しかし今回のように民主党内部に大きな対立を招いたことが、果たして今後・・・今回に限らず次の大統領選も含めて・・・彼の大統領獲得への道にプラスに働くか。それは大いに疑問である。今回勝てなければ、民主党は次期大統領選ではオバマではなく、別の候補・・・もちろんヒラリーでもないそして黒人でもない・・・を見つけ始めるだろう。それほどの(彼に対する)抵抗感を、彼は民主党内部に残したともいえる。

           ☆           ☆            ☆

「政治は一寸先は闇だ。なれるときになっておかなければチャンスをのがしてしまう。さらに4年あるいは8年も待てるか。」オバマがそう思うことは当然であるし、また非難される筋合いのものでもない。オバマは予備選で勝った。だから彼が民主党を代表する候補である。これで当たり前なのだ。だから予備選でどういう摩擦があろうが、民主党を支持するものは本選では彼を応援しなければならない。そういう意味では、私が書いた希望は所詮戯言にすぎない。

それでもである。今回のアメリカ大統領選挙で民主党政権の誕生を大いに期待していた私にとっては、今回の結果は喜べない。予備選でみせたヒラリーのあまりに攻撃的な性格は私にとって大きな誤算であった。あまりに攻撃的なこの性格こそ、彼女が選挙の流れを変えられなかったもっとも大きな要因ともいえる。そしてこのこと以上に、オバマが副大統領のステップを踏もうとしなかったことは、私のもっとも大きな誤算であった。このふたつの誤算はあまりに大きい。それは、共和党へ予想外の「漁夫の利」をもたらしてしまったといえる。

ここまできたら、なんとしてもオバマに勝った欲しい本選挙。大統領本選で、かの潜在的要因が表に出て争点になることはないだろう。しかしそのことへの抵抗感は、間違いなく存在する。それは、結果に大きな影響をあたえるであろう。本選で彼には、人種的本音を隠した「政策に具体性がない」「キャリアが浅い」というもっともらしい批判が・・・弱点の指摘・・・かこつけられるはずだ。それをどう彼はクリアしていくのか。マケインとの戦いは厳しい道のりになると言わざるをえない。

容易に勝てるはずの大統領選(本選)での戦いを、ここまで厳しくしてしまうこととなった今回の民主党の予備選。もし本選でオバマが勝てなければ、民主党にとって今回の予備選は悔いの残る予備選となったといえよう。
[PR]
by phtk7161 | 2008-05-16 07:19
 プロ野球のファンにせよ、象徴的な意味合いの国家のファンにせよ、好きになるのは自由だし別に文句を言う筋合いのものでもない。いただけないのは、そのためにはルールなんか関係ないという輩がいることだ。

 少し前の阪神・巨人線で、巨人のラミレスの打ったホームラン性のボールをレフトスタンドにいた阪神ファンの一人がスタンドから乗り出してはじき返し、結果ツーベースとなった。この判定もかなり微妙なものだが、それ以前に阪神ファンのやった行為が本来許されない。正式な規則はともかく、ファンとしてはやってはいけないルール違反である。

 残念なことは、熱心な阪神ファンの間にこの行為を褒め称える声があることだ。これは馬鹿げたことだと思う。ルールに反した行為を使ってまで、勝つことがそんなにうれしいのであろうか。そういうファンは本当のファンではない。自己勝手な一方的ストーカー的なファンにすぎない。それは本当の意味での阪神ファンではない。

 ちなみに私は巨人ファンでも阪神ファンでもない。もっとずっとずっと弱いチームのファンである。弱いチームだから勝つとうれしいが、こういうルール違反をしてまで勝ってもうれしくはない。それで喜ぶようなファンは、野球ファンではないのである。

 中国留学生による強圧的な聖火リレー時の行為もおなじようなものだ。ところ(たとえば韓国)によっては暴力的行為さえあった。当然ルール違反である。もっとも反対派(チベット支持者)にしても、お寺の業務に支障をきたすことが分かっていて、圧力的な電話を暇人がかけまくっている。困ることが分かっていて、嫌がらせ的な行為をやっているのだから、これもまた形式はともかく、実質的にはルール違反に近い。

 自らの心情に拘泥するあまり、周りが見えなくなって一方的行為に及ぶ。まさにストーカーだが、この種の人間は確実に増えている。もっとも、そういう人間の本当の不満は実は自己の存在を確認できない彼らの日常生活にあるのであって、一方的行為をぶつけるその対象にあるのではない。それをごまかす行為が、阪神・巨人戦やチベットの問題に関しての聖火リレーでの出来事なのだ。

 野球にしても政治しても、ルールを守るなかで自分の理想を達成できなければ、仮にできたところでそれはハリボテである。結果をもとめるあまり、平気でルール違反の行為がまかりとおるようになれば、結局はその分野そのものの根幹を壊してしまうだろう。それでいいというなら、伝統により培われてきた信頼よりも「儲かりさえすればいい」という「吉兆」のとった経営姿勢は誰も非難できないことになる。今の時代あらゆる分野で困難な問題が山積しているようにみえて、結局はひとりひとりの人間の「質」が問われているにすぎないように思う。
[PR]
by phtk7161 | 2008-05-10 01:09
 ネットの情報による硫化水素の自殺が後をたたない。殺人未遂事件までもおきた。この種の事件が社会的に伝播していくのも、ネットや携帯の存在と無縁ではない。ネットや携帯の普及による情報化社会は、確かに一面で私達の生活を利便にした。しかし、社会全体では、プラス面よりマイナス面のほうがはるかに大きい。機械化が進んだ分、明らかに人の精神は荒廃しているとえる。

ネットや携帯が本来の機能性を発揮するなら、これほど強い味方はいない。特に教育・医療など福祉的面では、経済的に恵まれないものでも効率性に優れた知識の取得や治療を受けられるはずである。

 しかし現実には、人の精神的退廃がこの機能を妨げている。ネットや携帯の世界を何でも許される領域と勘違いした人間により、今やこの場所は無法地帯と化している。ネットや携帯を使い現実世界でのストレス(不満)を、他人を批判のターゲットにし転嫁(集団による批判の対象とする)する、あるいは生命に関わることでも簡単にゲーム感覚の対象とするそういう場所になってしまった。
            ☆             ☆            ☆

 ぞくにいう「ネット○○」や今回の硫化水素の作り方を書いてしまうような人間は、現実の世界では極少数である。現実の世界では、彼らはまともな存在として相手にされることはない。しかしネットや携帯の世界では、とりあえず相手にしてもらえる。そして特異な分野とはいえその数は多い。異常なほどである。「目立とう的精神」・あるいは「自己存在を確認する場所を追い求めて」理由はそれぞれだろう。こういう人間ほどネットや携帯に使える時間が多い分、こういう現象になってしまう。

 もっともメディアは、こういう明らかに偏ったいびつな形でも、情報化社会の名のもとで、ネット社会を新たな世界(社会にとって好ましい)の到来として歓迎する。当然ネット上の声も、その中身は精査されないまま・・・そのいびつ性を吟味しないで・・・それを「世論」的に紹介する。ネットや携帯の世界の「声」には、現実の世界とは違った偏りが多いのにである。

 精神的病を抱えた人間が大いに活躍してしまう世界の「声」など相手にする価値がどこにあるのだろう。そこはもともと、他人の表現を「けしからん」と非難をあびせるその人間が、日ごろ自らネットや携帯で「人種差別」や「死ね」的な表現を使いまくっている世界なのだ。そういう世界が、まともであるはずがない。

            ☆            ☆            ☆

 最近もっと困った問題がある。それは現実の世界で相手にされていない彼らが、ネットの利便性を利用し、自分の心を満足させるために具体的攻撃(クレーム的)行動にでることである。ネット遊びの延長線にある業務妨害的行動といってもいい。

 弁護士に対する懲戒請求しかり。映画館への上映へのクレームしかり。香港でのチベット支持派に対するいやがらせや日本でのチベット支持派によるお寺への抗議電話しかりである。この種の遊びを覚えて楽しむ人間・・・ネットの世界にはびこる精神的病をもつ人間・・・が社会にだんだん増えているように思う。社会に混乱を巻き起こす自己顕示欲遊びに没頭している点で、彼らは硫化水素による自殺の方法を書いてしまう人物と根底では同じある。

 この問題のやっかいな点は、実社会ではまともに相手にされない人間でも、物理的行為を重ねればそれなりに影響がでてしまうことにある。たとえばその(クレーム行動)の影響をメディアが伝えると、その効果を彼らは実感できてしまう。困ったことにその行動ひとつひとつはの団体・組織としての動きではないから、それに対しなかなか「業務妨害」罪なども成立させにくい。それをいいことに、また行動の快感を求めてさらなる「ピンポンダッシュ」・・・迷惑行動・・・を繰り返す。これがネット世界の健全な発展を阻害するもっともやっかいな人間である。

 抗議を受けた民間人(自然人・法人)が業務的にどういう迷惑をこうむるか。それがどれほどその民間自身での自由な判断を阻害させる環境を作ってしまうか。硫化水素の方法を読んだ人物が、どういう行動に出てしまうおそれがあるか。そういうことに考えない、あるいは分かっていても自らの自己満足のめに、そういう馬鹿なことをやってしまう人間・・・だからこそ現実の世界でなかなかまともに相手にされないのであるが・・・が最近のネットに起因した問題をひき起こしているのである。

 ネット世界の健全性のために今の私達にできることは、この種の行為がいかに下衆で社会的害悪なのかを子供たちに伝えることである。愚かな表現・・・人の生命を脅かす表現(「死ね」的表現)や差別用語など・・・が使われているネットや携帯のサイトに対して、その精神的異常性と害悪性を伝え、まともな人間なら近づくべき場所でない・・・相手にしない・・・ことを教えることである。そこに集う人間(愚かな表現を使う、さらには進んで愚かな行為に及んでしまう)ほど、現実の社会的ではまともに相手にされていない・・・その裏返しの行為である・・・ことを教えるべきなのだ。

            ☆            ☆            ☆

 政治家や復古主義的な国家をめざす団体(財界。経済界の人物が名を連ねる)の一部に、この種の精神的病を抱える人間を利用してでも自らの政治目的を達成する動きをするところもあるという。馬鹿げた話と信じたいが、その種の政治家を支持する馬鹿げたブログが乱立する状況をみるとあながち眉唾な話にも思えない。もしその話が本当だとすれば、彼らはその行為(差別表現や抗議行動)の反道徳性を恥じなければならない。それは思想うんぬんの前に人として基本的な事柄である。それすら気づかない人間が「道徳」を強調する。おかしな話である。

 他者に対し一定の配慮した行動・表現ができない人間など、思想うんぬんの前に入り口ですでにアウトである。彼らには、ネットや携帯に参加する資格自体もともとない。ネットや携帯の世界にも守らなければならないルールはある。そのことにそろそろ社会も気づいていい頃だと思う。
[PR]
by phtk7161 | 2008-05-05 14:19