社会問題を考える


by phtk7161
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「みんなの党」の印象

みんなの党の支持率が上昇している。そういうなかで、彼らに期待する人たちには申しわけないが、私には彼らは「自民党上げ潮派の別同部隊」にしかみえない。江田憲司議員はそれでもましだが・・・もともと無所属だったし、頭もなかなかきれる・・・渡辺代表となるともういけない。どうみても小泉の子分にしかみえないのだ。

民主党はよく政策が議員ばらばらだと批判される。では自民党はどうかといえば、自民党も保守(利益誘導的な)派と上げ潮派にあいも変らず二分されたままだ。そして渡辺代表は、上げ潮派の代表格といっていいだろう。つまり渡辺代表は、見方を変えれば自民党の一部の別動部隊ともいいえるわけだ。

もちろん、党をわってでることは簡単にはできない。渡辺代表の行動力は、自民党の看板にすがりるつく上げ潮派議員など足元にも及ばないといえる。その点は評価していいだろう。しかしそれ以外には、私には彼を評価する点はみあたらない。

今の民主党が政権をとった要因は「本格的な政権交代を」という点だけでなく、小泉改革の市場万能主義のマイナスをどう修正していくかという点にもあった。みんなの党のかかげる政策は、公務員改革による財政の健全化を第一としているが、市場万能主義のマイナス面をどう改善していくかの問題は、その政策を読む限り放置されたままだ。小泉改革のマイナス面から彼らは何も学習していない。

「小さな政府」のマイナス面についてはおそらくであるが、彼らは(少なくとも渡辺代表は)こう思っているだろうと思う。「ついていけない側(好きなことばではないがいわゆる負け組み)は、勝ち組のおこぼれをもらって生活しろ。それが現実というものだ」と。そうした点からいえば、小泉・竹中路線の「小さな政府」型の自由市場の充実による経済活性化という、財界が大喜びそうな(そしてアメリカも大喜びの)政策を推進するための政党、それが「みんなの党」ということになる。

この党が今回参議院選で勝利し、民主を自民と共闘して解散に追い込み次期衆院選で民主が敗れたとして、ではその先には何があるのか。次期衆院選で「みんなの党」が第一党になることはまずない。結局どこかと連立を組むしかない。与党民主党を批判した結果の勝利であれば、その相手は上げ潮派中心(保守派は政権党になれるから、沈黙するしかない)の自民党(公明党もたぶん)しかないだろう。つまりは、「小泉自民党の再来」というわけだ。

私はみんなの党を支援している団体についての詳細は分からない。しかし表にはでなくとも、小泉・竹中路線をささえる団体からの支持が水面下ではあると思う。小泉・竹中路線への郷愁は財界・メディアともなお強い。その復活のための期待される先鋭部隊、それがみんなの党なのだともいえる。

この先鋭部隊は、今回参院選で民主党の改革に不満をもちさりとて自民党(公明も含む)もいやだという層の取り込みに成功した。それはとにかく「無駄を省く」という点に共鳴した人たちだろうと思う。政策の中身をみれば、それは実は「小泉・竹中路線」の継承にすぎないが、果たしてそこまで分かって(小さな政府のマイナス面は是正されていないままの政策=「小泉政権のコピー」だということを分かって)彼らに投票した人はどれくらいいたのだろうか。

参議院戦後も民主党への揺さぶりに余念のない「みんなの党」である。しかし動き方次第では、その評価も、その目的は「上げ潮路線=小泉・竹中路線」のための民主党つぶしにあり、上げ潮型による自民を復活させるための仮面政党にすぎなかったということも十分ありえる話なのである。
[PR]
by phtk7161 | 2010-07-22 02:12
前回ブログ更新が長引いたことをお詫びしたが、そうはいっても更新したくなる(書きたくなる)モチーベーションにつながるものがあれば思うのは事実だ。昨今なかなかそれにつながるものがなかったなかで、久しぶりにその気にさせてくれるきっかけがあった。

それは何かといえば、新聞にのっていたある記者の解説記事。具体的にいえば今朝(7月20日)の東京新聞15面のメディア観呈という欄の内容である。この欄の社会部の佐藤直子記者の書いた「在京メディアの沖縄問題」の内容はなかなかのものである。沖縄現地と在京メディアとの温度差の違いの問題を鋭くついた内容になっている。

昨今新聞(他のメディアも含め)の質にがっかりさせられることが多いなかで、この解説を読むと「まだまだ記者もすてたものではないな(そういうひともいるにはいるな)」と思わせ、メディア再生のかすかな希望をあたえてくれる。

「私たち在京メディアに必要なのは、沖縄で起きていることが自分の街で起きたらと、想像をめぐらせることだろう」と彼女はいう。そして実はそのことは、メディアのみならず私たち国民それぞれにも十分あてはまる。私がこれまで普天間基地移設問題について述べた中で、もっとも罪が重いのは「国民」だといったのは、その意味である。

「やっかいなものは沖縄に押しつけとくしかないじゃん。わたしんとこにこられても困るし」というその無責任さは、結局は「他(沖縄)の立場に置き換えて物事を考える」という知性のなさ・・・佐藤直子記者の言葉でいえば「想像力」のなさということになる・・・によるものだ。こういう人間には、鳩山元首相を批判する資格などない。

佐藤直子記者は社会部であり、今回の解説が彼女個人としての書かれたものか社会部記者として書かれたものかそれは分からない。ただいずれにしても、この解説記事はメディアを担うに十分ふさわしい優れた記事であるといえよう。

       ☆           ☆           ☆

ところでこの欄の別の解説記事に関して面白いなと思うことがあった。それはある政治部記者の書いた「疑われた菅首相の信頼性」という解説記事である。彼は今回の参院選惨敗の原因を、消費税発言に関して軌道修正した菅首相の「ぶれ」たその姿勢にあるという・・・少なくとも私にはそう読める。

参議院選敗戦の原因(菅首相に関するもので)は、果たして消費税発言後の「ぶれ」にあったのだろうか。私はそうは思わない。原因は、消費税を具体的な数字まであげ国民にその本気度を感じ取らせてしまった当初の発言の表現法にあったのであって、その後の修正発言にあったのではない。もしその後修正発言をせずさらに具体的な発言を続けていたら、比例の票はさらに減りもっと惨敗していた(さらに有権者は離れた)であろう。

消費税の「本気度」は、絶対的民主党支持者ではない人にとってはマイナス材料以外の何ものでもない。消費税に関する具体的発言への踏み込みは、少なくとも選挙に関しては有権者には「本気度」を強く感じさせる効果しかないのである。

「菅の野郎消費税あげて、いきなり俺から金をとるといいやがった。馬鹿いうな。」。もし、さらに具体的発言に踏み込めば、「こいつ本気ですぐやるつもりだ。俺は絶対払いたくねえ。くそ馬鹿野郎、絶てぇ民主党なんかに票いれるか。」財政危機を、まだまだ本当の意味(リアル)では実感できない国民の感覚とは、だいたいそんなんもんだ。この記者には具体的(リアルな)有権者の立場に立って考える「想像力」が欠けているように思う。

昨今の政治部の問題に関しては以前にも述べた。

彼ら(政治部)には最初から「こうなってほしいという」という結論があり、彼らの記事はその結論に導くための「もっともらしい」理由付けにすぎなくなっている。そしてその「もっとらしさ」は、時に○×思考に陥り、ある種の想像力に欠けあまり説得力をもたない。彼らは政治部で「当たり前」となっている論理に対し「疑ってみる」ことをせず・・・あえて気づかないようにしているかもしれないが・・・硬直した思考に陥ってしまっている。

たとえば、鳩山政権時2元政治の形が問題とされたが2元政治によりそれぞれの長所短所を補う形もありうるだろう。なぜ彼らは安直に「2元政治=悪い政治」ととらえるのか。なぜその論理を疑ってみようとはしないのか。

先の政治部の記者は、菅首相の発言の「ぶれ」がいけないことのようにとらえている。しかし政治は「ぶれ」ていいこともあるし「ぶれ」てはいけないこともある。一方的な「ぶれない」→「信念」→「強いリーダーシップ」→「優れた政治家」といったその論理の安直さは、まさにメディアが政治をテレビドラマのように扱うことに染まりすぎたことの証にすぎない。

「ぶれ」ないことが政治(選挙を含め)にとってマイナスになることもある。そこをこの記者は分かっていない。そしてそうなってしまったのは、この記者個人に原因があるのではない。「政治部」のもつ体質にその原因があるのである。それは「想像力の欠如」であり、取材対象への距離の度合いである。たとえば検察との距離のとり方、あるいは見方によれば政治部部長の21世紀臨調への参加もそうなのかもしれない。知らず知らずのうちに、専門家気取りの上から目線になってはいないか。

今政治部(どこのメディアの政治部でもそう)の伝えるその記事はどこもドラマ仕立ての安直さに満ちている。こつこつと両サイドの事実を拾い集め、たとえ記事として結果として退屈でも堅実な情報を提供していく。それがまさにメディアである。そしてそのために私たちは料金を払っている。先に出したひとつの結論に導くための「ドラマ仕立て」の記事などだれも望んでいないのだ。そんなものはテレビドラマや与太週刊誌で十分である。

今日の新聞で書かれたふたつの解説記事。ひとつの紙面にすぎないものであっても、このふたつの解説記事は、今のメディアについての問題点を提供してくれたといえよう。
[PR]
by phtk7161 | 2010-07-20 08:21
ブログの更新をずいぶん長い間さぼってしまった。その間参議院選など本来ならすぐにアップ記事にすべき話題もあったが、選挙の勝敗は関係なく、どうにも気がのらなかった。来訪されてくださった方には本当に申し訳なく思っています。すいませんでした。

さて今回何について書くか。あらためて思うと、正直書きたいこと「テーマ」は山ほどあるようで、これがなかなか定まらない。とりあえず今回は思いつくまま手なりで書かせていただきたいと思う。

       ☆             ☆             ☆

まずは参議院選。現状54議席は難しいとおもっていたから今回の結果にはそれほど驚かなかった。私の考える予想最低ラインを割り込んだ数だったのは事実だが、まあ一人区があれほど惨敗ならそれもありうるだろう。

しかしそれでも、もし鳩山・小沢続投で選挙を戦っていたならおそらく安部政権時の参院選の数をさらに下回り30台前半もあったかもしれず、それを思うと首相の「消費税」発言のドジがあったにせよ、まあこれでも「まだまし」と前向きにとらえたほうがいいだろう。

ちなみに巷には菅首相続投に異論の声も出ているようだが、まったく「ばかばか」しいと思う。まだ何もさせてもらっていない首相のどこをとって何の評価ができるのか。それに参議院選の負けも、彼一人の責任ではない。

世論調査で支持率が下がっているというが、私から言わせれば「支持する・しない」もなにも、まだ彼はその評価対象になることを何もやらしてもらっていない。これで支持率がはっきり変動するなら、それだけ世論調査」というものはいい加減なものでありどうしようもない代物ということである。「なんとなーく」のイメージだけで答えを出し動くのが世論調査というなら、こんなもん政治ににとっては無益(というより有害か)以外の何者でもない。

少なくとも現時点では、どう支持率がさがろうが、菅首相はそんなもの無視して・・・しばらくはどうたたかれようがメディア自体気にしないことだ・・・やりたい政策を実行できるよう今は知恵をしぼる(連立のことなどを含め)ことである。

      ☆             ☆              ☆

話題はかわって、日本振興銀行のトップだった木村剛氏が逮捕された。もう一年半ほど前になるが、拙ブログの「西松建設の政治献金疑惑について・・・その(2)今回の出来事から見えてくるもの」(2009年3月17日)での記事の中で「堀江や村上など成り上がり的な人物を除いて、政府あるいは実業界でも政府とより強いつながりを持つ人物は摘発されていない(例えば竹中氏に近いK氏の利益相反的な行為も結局はみのがされている)」と書いたが、このK氏が実は木村剛氏のことだ。

親族企業への融資が問題になり「事件」になるかと思われたのだが、なぜか結局そこから進展しなかった。当時はまだ自民党が与党。落ち目とはいえ「上げ潮派」もまだ余力があった時期であり、そのことも影響していたように思う。しかし今回は不正の証拠をきっちりつかまれたうえに、今は民主党政権。逮捕も当然の成り行きである。出資法違反のみならず株の売り抜け疑惑まででている。

市場万能主義のなかでの「弱きものはされ」という言葉は、順調なものにとっては震えがくるほど「かっこいい」台詞かもしれないが、落ち目になった(反対の立場にたった者)ものにとってはこれほど「非人間的」な言葉はない。彼も経営がたちいかなくなるにつれて市場というものの残酷さ(他の金融機関との競争の厳しさ)を知り、なりふりかまわずにはいられなくなったに違いない。

このことは小泉政権下での「小さな政府路線」の一躍を担った人物が、実は「市場」というものの怖さを何も分かってはいなかったということの現われともいえる。旗振り役が、やろうとしていることの中身を・・・具体的レベルで・・・知らなかったわけだ。

底が浅い(反対側の者への配慮を欠く)単なる市場万能主義は、所詮順調にやっている側(勝ち組的存在)の都合のいい論理に過ぎない。本当の意味での「市場」なら、確かに必要である。しかし、少なくともあの小泉傘下での「市場」は、まさに底の浅い意味での「市場」だった。たとえばグッドウィルの折口など典型例で、プライベイトでみせた品格を含めどうみてもあるべき「市場」の姿を理解していたとは言いがたい。そしてそれは木村剛も同じだったということである。それを垣間見せた今回の事件だったといえよう。
[PR]
by phtk7161 | 2010-07-18 04:12
野球賭博に関する今回の問題は、その本質が角界と暴力団とのつながりにあることはいうまでもない。しかしそこだけに焦点があてられ、暴力団に関して他にも見過ごされてきている問題があるように思う。それは闇の世界からメディアへのリークの問題だ。

今回の週刊誌へのネタ・・・賭博とそれにかかわる恐喝の事実についての・・・のリークが果たしてどこだったのかそれは私にはわからない。一説には理事長選にまつわる反貴乃花派からという話もあるが、角界の負った傷の深さからみるとその話も100パーセントうのみにもできない。ただ仮にこのうわさが事実だった場合、これを週刊新潮が記事にしてもこれについては、ダーティはダーティだが何ら違法行為ではなく問題はないといえる。

問題はこのリークが、実は琴見光喜・大獄サイドを恐喝した側(つまりは闇の勢力側)からだった場合である。この場合、このネタに「公益性」があるとしても、一面から見ればそれを記事にすることは結局恐喝に応じなかったものへの闇の側からの仕返しに週刊誌が協力したともいえるということである。そしてそのことの影響は今回の相撲協会の処分で終わりにはならない。考えようによっては、闇の世界の将来の恐喝行為の助成という効果をもたせることになったともいえる。

もちろん大相撲に関してはこの世界からの恐喝は一応これでやむと私はみる。これだけ大きな問題になったのだ、今後それをやれば警察・検察黙ってはいない。闇の世界もそれなりのリスクを負う。そういう点では彼らにとって、大相撲はもうそう「うまみ」のある相手ではない。

しかし他の世界についてはどうだろう。一定の公益性があり表面上は「品行方正」が求められる世界へのスキャンダルのネタは・・・たとえば今回の賭博のような・・・彼らにとってまだまだ「うまみ」があるのではないか。

仮の話だが誰かを脅す場合、今後は「もし週刊誌にでれば琴光喜みたいに辞めざるを得なくなりますよ」という脅し文句は、より一層効果をもたせることになる。つまり週刊誌という存在が、かれらにとって恐喝のためのまたとない強力な「道具」となるということだ。

        ☆            ☆            ☆

大獄親方の話によれば、知り合いの警察関係者に今回の恐喝(たぶん一億円の要求についてのことだと思う)について相談したと相手に伝えたところ、相手からはその後何もいってこなくなったという。

この話が本当なら、仮にネタのリークがこの恐喝サイドからだった場合には、その後週刊誌に載った記事は結局恐喝の要求を断ったことへの相手方の「報復」とみれないこともない。そしてその場合には、週刊誌がそのことを意識してようがしていまいがその週刊誌は闇のサイドに手をかしたということになる。

確かに野球賭博は違法でそのことについての「公益性」はもちろんある。しかし一方で恐喝も間違いなく違法であり、それ(要求)に応じないことは「正しい」行為である。そして大獄・琴光喜はそれ(正しい行為・・・一億円の要求に応じないという)をやって、その後記事にされることにより報復をうけてしまった。

今度のことは違法行為をやった者同士の話。それを記事にしてもどうということはない。そういう見方もあるだろう。しかし私は今回の記事のネタのリークがもし闇の側からだったとすれば、今回の記事は彼らにとっての将来の「恐喝手段」にとって、間違いなく大きな「益」をもたらしたと思う。果たしてそれでいいのだろうか。距離感をあやまっているとはいえないか。

所詮は「週刊誌」。闇の世界と紙一重の連中。こういったことは昔からよくあること。そういってしまえばそうかもしれないが、それでも「メディア」という一応は公益性を担った役割を彼らもっているのだ。違法集団の「片棒」を担ぐようなつかわれかたでは、あまりにもさびしい。今度の問題を契機にそういったことも考えなおすときでないか。

今回相撲界は闇の世界との距離感を問われたが、実はメディアもまたそのこと(闇の世界の違法行為の手段に利用されないような距離感をもつ)を問われていると私は思う。
[PR]
by phtk7161 | 2010-07-07 07:37
大相撲野球賭博問題で、琴光喜と大獄親方が解雇となった。その他の関係者は謹慎レベルの処分。事件の概要を見る限りでは、二人とその他の関係者とではあまりに落差があるように思えてならない

調査委員会は、暴力団との接点の程度と掛け金の大きさを二人の解雇の理由としている。しかしはっきりいってこの調査委員会、私から見るとこの連中は単なる世間知らずの甘ちゃんの集まりかそれとも意図的結論をねらった食えない人物たちの集まりのどちらかだ。

野球賭博はハンデがつく。このハンデのつけ方、これはそんじょそこらの素人が簡単につけられるものではない。当然暴力団がずぶずぶ絡む。これこれの人物たちは仲間内にとどまっていたから悪質性はないというあの結果報告には大笑いだった。「なめんなよ」といいたくなる。

        ☆          ☆           ☆

以前にも書いたが私は相撲界は所詮興行をするところだと思っている。幕下と十両の境目まではガチンコが当然だが、それ以上ではまあ、ある程度の緩み・・・地位の安定をはかる相撲・・・もあって当然だと思う。年に6場所。上位の者同士の相撲は確実に体に大きな負担をかける。怪我をして引退した場合一定の高い地位にいた人物をのぞいてきちんとした補償もないのが現実だ。だからいつも全力でフェアーに戦えなどというのは、現実の過酷さをしらないアホがいうことだと思う。

相撲界は長い間暴力団とはきっても切れない間柄だった。いちいち名前は挙げないが、その付き合いが度を越した親方はこれまで一人や二人ではない。メディアで騒がれたこともたびたびある。今回のことも「野球賭博」の文字に躍らされてさもあの二人が「元凶」のように扱われているが、こんどのことはこれまで相撲界がもっていた体質の集大成にすがない。

これもいちいち名を上げないが今でもときどきテレビでみる元関取の評論家は、現役時高級ホテルの一室(スィート)を借り切って、度派手な麻雀を打っていた。当然賭け麻雀で金額も大きかったはずでこんなレベルの話は私が知っている限りでもこれまでもごろごろしている。もちろん地下賭博・・・カジノや手本引きなどの・・・に手を染めた力士もこれまでにいただろうと思う。

本気で情報をあぶりだせば、これまでやくざとまったく付き合いのなかった親方衆などそんなにいないはずだ。後援会についても、直接的な形ではともかくバックでは何らかの形で彼らにささえてもらっている(た)部屋もあること思う。それでもこれまで今回のように問題にならなかったのは、大きなトラブルがおきなかった・・・あるいはでなかった・・・からにすぎない。

今度のことはようは掛け金の取立てをめぐるトラブルで、恐喝が絡んでおきた問題である。もちろん暴力団関係者相手の賭博であり簡単に見過していい問題ではないが、一面から見れば大獄はともかく琴光喜は被害者の面もある。これで解雇はあまりにもきつい。

        ☆           ☆           ☆

私は常々「どんな職業(もちろん合法的職業のことである)でも、人からそれを簡単に奪い取るべきではない」思っている。これは今度のことには限らない。どんな職業でも、自分たちのヒロイズム的ドラマのために人を端役のように扱い、その職を奪って簡単に「切る!」などと悦にいってはいけない思う。

琴光喜のやったことは、果たして「切る!」にまで値する罪なのか。私は出ている情報を見る限りではそうは思わない。地位を下げてもよいから相撲という職業を彼から奪いるべきでなかったと思う。相撲の長い歴史のなかでこの職業に関わった人物たちの作り出した組織の体質をすべて彼一人・・・現役力士では・・・にかぶせて済ますことはあまりにむごすぎる。早い話これでは昔からつい最近までの彼の先輩である元関取たちは結局「逃げ得」したということになる。これのどこが「正義」だというのか。

今回の調査員会の結論は、過去の相撲界と暴力団との付き合いの根深さ徹底的に調べず踏み込まないままに・・・まあ意図的にそれをしないのだろうが・・・だされた結論にすぎない。だから調査委員会の重々しく話す結論はちゃんちゃら笑えてしまうのである。今回の琴光喜に対する「解雇」処分はあまりに乱暴すぎる結論といえるだろう。
[PR]
by phtk7161 | 2010-07-06 07:21