社会問題を考える


by phtk7161
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

民主党代表戦をめぐる騒動が、メディアやネット(ブログを含め)でいろいろとりあげられている。そんな様子を見ているとどうにもため息がでてしまう。

メディアの連中、ことに新聞・テレビメディアの報道・政治部はもはや暇人の集まりだから、こいつらが馬鹿げたお遊びごっこに興じるのは仕方ないとしても、残念なのはそれなりの政治的理性を持っているはずのブログの人までも(すべての人でないけれど)、この問題をまともに扱っていることだ。はっきりいって、それは馬鹿げたことだと思う。

今度の代表選の結論は、どうみても「菅」しかない。小沢の出馬など99・9999・・・・パーセントないといっていい。もし小沢が代表選に出るとしたら、そのときは小沢はもう「小沢」ではない。ただの「政治センスのない」落ちぶれた用済みの政治家にすぎない。

どうして私がそこまでいうのか。その理由は簡単なことだ。菅がまだほとんど何もしていないからだ。どうみても菅の「評価」を下すには期間があまりにもたりない。

なるほど菅は消費税発言でミソをつけ参議院選敗戦の一因をつくったかもしれない。身を引いた小沢がそれなりに不満を持ったのも分かる。しかし一方で民主党敗戦の要因には小沢の「政治とかね」のことも少なからずあったのも事実だ。それは否定できない。

この点私は今でも、小沢に対する検察のやり方は世論がどういおうが絶対間違っているし、彼は断じて刑事責任など問われる必要はないと思っている。それはかわらない。

しかし刑事責任の見方についてどう世論が間違っていようが、世論がそれを選挙の判断基準にすることはどうしようもない。それもまた、国民の審判なのである。それは「いいかわるいか」とはまた別次元のことなのだ。そしてその意味では、民主党敗戦の責任は小沢にもあるといえることになる。だから参議院選敗戦は菅を引き摺り下ろす理由にはならない。

今民主党がやるべきことはなにか。それは3年後の衆議院選まで民主党政権をまとまった政党(時に争いがあってもいざというときには)の政権として機能させ、これまでの自民党よりも1割2割でもましだ思われるような政策を実現することである。そして3年後政権党として国民に選挙で評価を下してもらうことである。そこで勝とうが負けようが、そこまできちんと政権党として続けていく責任が民主党にはある。それは民主党全議員の使命ともいえる。

首相になってほとんど在任間もない首相を変えるとは、どうみても正気の沙汰ではない。ここで断言してもいい。メディアやブログで民主党代表選で菅が交代する可能性が少しでもあると本気で思ってる人は「政治センス」ゼロの人である。そういう人間は政治など語らないほうがいい。そういう人は自民党時代の派閥の「数ごっこ」に郷愁を感じる化石である。

そんなしょうもないことに生きがいを感じるのは、新聞テレビメディアの報道部・政治部の「マッチポンプ」屋たちで十分である。この手の話題はメディアの発する雑音でしかない。そんな遊びに私たちが付き合う必要などないのだ。

表で堂々と小沢を担ぎ出そうとする政治家は、ある意味その潔さは認めるけれど政治家としての未来はまずないだろう。今出馬するなら小沢はババ抜きの「ババ」でしかない。小沢を「ババ」とみる世論の前では、そんな議員はやるべきことをやらずポストほしさに数合わせごっこにうつつを抜かすただの「チンピラ」議員にしか映らない。浮動票の割合が増えている今のイメージ選挙の前では、そんな議員の当選はまずおぼつかないといえる。

第一、今ここまでイメージを落とされた小沢に何ができるというのか。彼に出番があるとすれば「いろいろ問題があり強引であっても、現実の実効性を見出せる小沢しかいない」と世論がなったときしかない。彼を今場違いなドラマに出演させてもしょうがないだろう。そんなことも分からないのだろうか。

とりあえず菅を続投させてみて、どうみても菅が「官」に飲み込まれているようなら、そのときはおもいっきり引き摺り下ろせばいい。飲み込まれたどうかは、彼がやろうとする政策で判断できる。そのときは、私も諸手をあげて菅を引き摺り下ろす議員を支持するだろう。そのとき場合によっては小沢の出番もあるかもしれない。

しかし菅が首相になって今回の代表選までの期間では、どうみてもその判断期間としては足りない。今まだ代表(首相)交代の評価を下す条件はととのっていないといえる。今大事なことは、政権党として「まとまり」をみせることそれしかない。それが今回の代表選のもつ意味の「すべて」である。ただそれだけのことなのだ。

少し書くのを休みたくなって長くブログを更新しなかった。今日久しぶりに更新したが、本当はもっと更新しないつもりだった。しかしメディアのみならず、評価している人のブログでさえこの話題をまともに取り上げているのをみて、どうしても書かざるをえなくなった。

本当は多くのブログが「メディアや政治屋議員が代表選をめぐりまた意味のない政治あそびごっこしてます」で済ませてほしかったのだが。まだまだ政治と政治ごっこの区別がつかない人が多いのだろうか。残念に思う。
[PR]
by phtk7161 | 2010-08-21 05:25