社会問題を考える


by phtk7161
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

横粂勝仁衆議院議員が離党を宣言した。彼なりにいろいろ考えた末の行動なのだろうが、やっぱり「幼い」という感想しかでない。

良くも悪くも議会制民主主義は最終的には数で決まる。そして今の小選挙区制においては多くの有権者は議員個人よりも「党」に対して投票する。前回の衆議院選においても「政権交代」という目的をもって、有権者は党としての「民主党」の看板を掲げた議員に投票したといっていいであろう。

党として政権を任された場合、重要なことはなにか。それは過程ではいいろいろあっても最終的にはまとまって「党」として行動するそれが重要である。今の民主党の代表は、代表選で選出され首相である「菅」である。いかにごたごたしても最終的には党の代表に選出した以上、その形でまとまるしかない。

どういう政策であれ、不満があっても党としてまとまって何らかの形をだす。そしてその評価は次期選挙で有権者にゆだねる。それが政権党というものの本来のありかたである。

      ☆         ☆         ☆           

そういった意味では「菅おろし」に策走する議員など、政権党の議員としての「イ・ロ・ハ」の「イ」も理解できない、ただの「お騒がせ屋」にすぎない。この「イ・ロ・ハ」の「イ」がなぜ理解できていないのか。あるいは理解していてもなぜまとまった行動がとれないか。その原因はやはり小泉スタイルの後遺症にあるように思う。メディアでいかにもの改革者を印象付けるスタイル。小泉は天分でこれをやれたから、彼の人気は維持された。

しかし国民に幻想をいだかせる天分(もちろんいい意味ではない)は誰にもあるわけではない。才能のないものが無理にこの改革者(幻想的)を演じようとすれば、余計にたちが悪くなってしまう。挙句の果てが政治経験間もないままでの離党宣言ということになる。

小泉がとった政治スタイルは、本来のあるべき民主政治の形ではない。それはアメリカの大統領もそうである。この形は、パフォーマンス優先で多元的意見の集約などなどできない。むしろこのスタイルは在野のほうがふさわしい。

横粂議員も彼の個性を打ち出して社会を変えたいと思うのなら、議員などやめて在野でやるほうがいい。そうでないと議員である間は、単なる時間の無駄遣いになってしまうと思う。特殊な実力やカリスマ性・・・いい意味でも悪い意味でも・・・のない限りは議員の本質は、「ただの数のひとつ」にすぎない。

       ☆        ☆         ☆

民主政治の普遍的形は主権者たる国民の意見を集約し、議会で多数意見を中心にそれに少数意見の修正を加えた法案をつくりそれを政府がそれを実行するそれが本来の姿である。

いろいろな立場の国民がいる以上、当然政治には誰しも満足する「正解」などあるはずがない。さまざまな意見を調整し一つの形をつくりだしていく、それが政治の役目である。そこでは過程ではごたごたしても最終的には「まとまった形を作り出すこと」それが重要なのだ。

めいめいがいつまでも評論家きどりに好き勝手にやっていては、政権党の議員とは言えない。不満があっても党としてまとまるときはまとまる。それが国民にどうけなされようと、とにかくひとつの形をつくりだす。それが、政権党の議員であるということなのである。今の民主党の最大の問題点は、そのことを理解できていないことにある。
[PR]
by phtk7161 | 2011-05-24 13:25