社会問題を考える


by phtk7161
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「日本を守るため、原子力の技術を安全保障からも理解しないといけない。(反対は)見たくないものを見ない人たちの議論だ」これは塩崎恭久議員が話した内容だが、これについて述べておきたい。

       ☆        ☆        ☆

彼の言う「見たくないものを見ない人たち」とはどういう意味か。「安全保障に関する問題の現実をみようとしない人たち」ということか。
核による外交の優位性は、彼がいうほど現実的だとは私は思わない。核をもつことは利益の面ばかりではない。当然そのことからくる周辺国との軋轢によるマイナス面も当時に考えていかなければならない。日本が持てば、韓国はどうするか。台湾はどうするか。そのとき中国はどう動くか。
防衛力を向上すればするほど国家の安全は高まるというのは、ある意味幻想である。そのことによる外交のマイナス面も直視しなければ、まさに「見たくないものを見ない人たち」になってしまう。

       ☆        ☆       ☆ 

塩崎君の言う「見たくないものを見ない人たち」の典型例、それはまさに長い間政権を担当してきた自民党の議員たちである。
原発の安全に関する問題点の指摘(たとえば、電源喪失による冷却機能の問題など)がありながら、彼ら「見たくないものを見ない人たち」は、長い間意識的にその危険を見ないようにしてきた。その結果がこれである。

今、確実にいえることは、彼らが「見たくないもの(安全の問題)をみて」いれば少なくとも福島第一原子力発電所の問題は防げたか、そうでなくても今より低い被害ですんでいたということだ。その場合原発の問題に足を引っ張られずその他の被災地全体の復興にもっと力を集中できたのである。彼らが「見たくないものを見ない人たち」だったことの罪は大きい。

       ☆       ☆       ☆    

ついで言えば年金の問題もそうである。

積立方式から賦課方式に変えたことで、年金の財源システムは、ある意味自転車操業的になってきたといっていい。年金財政の健全性からいえば、賦課方式は欺罔といえる。賦課方式というごまかしなら、むしろ年金という名の「税」(ただしきちんと払えば年金受給の権利をえるもの)といったほうが、ごまかしのない分まだ正直だったと思う(このことは賦課に転換した時点での積立方式の分が蓄積されていてもなんらかわるものではない)。

賦課方式は現役世代への借金の先送りに過ぎない。賦課方式という形でごまかしたまま、団塊の世代退職まで「どうせ多くの年金の支払いが現実化するのはもっと先」として、政権を担当してきた自民党が、なんら年金財政への抜本的対策をとってこなかったことも今の問題の大きな一因である。

いつか大量の退職者が受給時期を迎えれば、年金財政は一段とひっ迫することはまともに考えてみればに誰にでもわかる。「先進国的経済成長」時の幻影のまま、経済的停滞期での年金の現実(入りと出)を直視しようとしてこなかった自民党。これもまた彼らが「見たくないものを見ない」人たちだったことの典型例といえる。

でなぜ彼らが「見たくないものを見ない」だったかといえば、安全(原発)や健全な財政(年金)より自らの利権(お金や権力)を優先したからである。
というわけでわけ知り顔に「見たくないものを見ない人たち」とのたまわった塩崎恭久議員。だが、実はその言葉こそ彼の愛する「自民党」にブーメラン返りしてしまうことを彼は理解しているだろうか。

少なくとも今後の彼には原発問題で「見たくないものでもきちんと見ることのできる人」の手本となってもらいたいと思う。「自分はみたくないものでも見れる」という彼だもの。彼ならできるはずである。
[PR]
by phtk7161 | 2012-06-22 20:36
いよいよ消費税国会も大詰め。野田役人操り人形内閣と、旧態然の役人政治復興を目指す自民党とのコラボが進むなら、法案はとおることになる。
消費税をあげるにしても、今度の(消費税)法案は論外である。やるなら次の2点をきちんとクリアする必要がある。

今回の社会保障・税一体改革関連法案と銘打っているが、これに行政改革(役人側の支出の削減)も加えて三位一体しないと、補充したガソリンの垂れ流しと同じで、税収をいくらあげようが効果的な財政運営は望めない。これが一点。

もう一点は、今回の消費税(増税分)は福祉目的化に固定することである。固定化せず役人が自由に使えるとすると、どうしても役人とその仲間たちのほうに回る分がでてきてしまう。目的化することで、役人の使い道を一定の枠にはめさせてしまうことが重要である。

      ☆        ☆        ☆

上記を読まれてそこまであなたは役人が信用できないかといわれれば、「全く信用できない」と私は答える。

民主党政権ができてひとつだけましになったことは、これまで自民党政権下で隠されてきた出来事がかなり明らかになってきたことだ。この点だけは評価していいと思う。
このおかげで、いかに役人がその場しのぎの政策で問題点を先送りしてきたか、しかしその一方で自らの利権だけはきっちり確保してきたか、明白になった。年金しかり原発しかりである。

      ☆        ☆        ☆   

今の野田内閣はなんとか政権を維持・遂行しようとするあまり、旧態然の自民党政治と形において同じになってきている。期待した岡田氏にも「やはりあんたも役人だったか」と言わざるを得ない状況だ。

今日本で一番威張っている政治家、役人出身自民党の伊吹くんを見ればわかるが、あれが役人の本当の姿だ。役人は腰を低くして見せていても、一定年齢に達した役人の内心はあれと同じである。

「下々のものは優秀な私たちに従え」「役人は優秀だから間違いないなどしない」「役人のやることはすべて正しい」まさに上から目線。今伊吹君は内心外面ともに役人の本当の姿をさらけ出してくれているわけである(それにしても威張りすぎだ)。

役人の利権確保の習性は、じつは個々の役人に原因があるのではない。殊に若い世代の役人は優秀で勤勉で高い公益性を意識している人物も多い。しかしそういう人物でも長年この組織にいると、組織防衛優先の人間になってしまう。公益を害しても組織を裏切らないことが優先され、それが優秀な役人であるということになってしまうのだ。

そうなってしまうのは長年続いてきた組織の体質に原因があるからだ。したがって、これを是正するには一度その本質をぶっ壊していくか、そうでなければ法の網で外枠をはめ彼らの組織防衛の動きを封じてしまうしかない。

       ☆       ☆       ☆

今回の法案についてもそういう議論になってほしいと思っているなか、今反消費税派の議員についていくつかのスキャンダルがこのタイミングででた。

ひとつは小沢元代表の奥さんお手紙、もう一つは田中美絵子衆議院議員の不倫疑惑。小沢氏の奥さんの手紙については一方側からだけの言い分(内容的には彼女の推定にすぎないことも多い)だから全部を鵜のみにするわけにはいかない。

田中氏の方は、彼女の生き方をみればこういうこともあっても不思議ではない人物だから、「しょうもな」と思うけれど、でもなぜこの絶妙のタイミングで記事にという疑問は大いにある。

今回この記事をだした両者は、権力に食わしてもらっている週刊誌「文春」と「新潮」。ほとんど計画通りのにおいぷんぷんで、反消費税への打撃の意図があることはまず間違いない。またこれで財界から(旧態政治を支持する企業から)の広告も維持でき、両誌とも飯がくえるというわけだ。相も変らぬ旧態然の政治体質をもつ両週刊誌。それもま2chと同じレベルと考えていればいいだけのことなのだけれど。この種の出来レースは、これからもまだまだ続いていくのだろう。
[PR]
by phtk7161 | 2012-06-14 14:54
人間社会は「嘘」がないことを、一応の前提としている。なぜならそうでないと、個人・企業を問わず取引などおおよそできなくなるからだ。だからとりあえずではあるが、私たちは相手方のいうことを「そうなのだろう」と推定する。

しかしこの「推定」がまるできかない企業が存在する。いうまでもない、東京電力である。いやむしろ東電の場合「そうなのだろうと」推定できないどころか、まず先に「「嘘」だとするところからいっていいのかもしれない。

「嘘」だらけの中で東電は、いったい本当のことをいくつ言ったのだろうか。

8日の委員会で、原発で水素爆発が起きた後、清水前社長は「撤退は考えていません」といったようだ。しかしまずこれも「嘘」である。

「現場にいた700人のうち、女性や事務職など緊急対応と関係のない人を避難させる趣旨だった」「全員撤退は全く考えなかった」と考えていたというのなら、そのままそう最初に伝えればよかったはずだ。でもきちんとそういわなかった。それひとつとっても、嘘だとわかる。

あの相当切迫した状況の中で、現場はともかく東電の幹部が「全面撤退」を考えていたとことは、間違いない。あのとき彼らは(幹部)もうどうしていいか分からなかった。だから彼らは逃げる寸前だった。そういうことなのだ。

       ☆         ☆        ☆

それにしてもこの清水前社長をはじめとして、自己保身もここまでくるともはや「犯罪」である。値上げに際して増加させる人件費の問題を含めいったい彼らはどういう神経をしているのだろう。

そもそもなぜ東電に関することはいつもこう(インチキ)ばかりなのか。

理由は簡単である。東電の原発が「カネのなる木」だからである。今東京電力福島第一原発事故を検証する「国会事故調査委員会」も、この「金のなる木」を守るのに必死だ。見事なまでも出来レース「調査」を恥も外聞もなく発表する。

事故の最大の原因は、何を置いても第一に、事前の準備をまったく怠っていた、「政府(自民党政権)と東電、そしてその仲間たち(委員会の学者など)」にある。こういう「カネ・カネ・カネ」の原発村の人間たちは、禁止薬物をやめられない人間と同じようなものだ。

巨額のカネを生むだす「原発」。あのもんじゅも成果がでなければ、壮大なる天文学的「詐欺」にすぎない。世の中、金で狂ってしまっている世界は数々あるが、原発それは他のどの世界以上に「ダントツ」である。

エネルギーの問題としてまともに原発を考えたくても、「莫大なカネのなる木」の魔力の前では、うまみに預かる人間たちは思考は止まり中毒状態。今の原発村の人間は、もう中毒からはぬけだせない。彼らを中毒でない人物たちと入れ替えない限り、この村はもうまともにはなりえない。

エネルギー問題をまじめに考えるなら、まずは原発をカネのなる木にはしない。これが議論の前提となる。原発存続の有無の問題は、それからの話である。
[PR]
by phtk7161 | 2012-06-08 21:23